小浜市

福井若狭路宣伝部@小浜市
Instagram: obama_wakasa

12月の活動報告

12/1

三丁町とエスニックカフェと紙すき体験

三丁町の町並みと、エスニックが食べられるカフェぼんくら、食文化館の若狭工房で紙すき体験を取材しました!

なんとかお天気にも恵まれ、まずは三丁町の町並みを歩き、蓬嶋楼(ほうとうろう)の建物を見学、解説いただき、その昔華やかな茶屋町として栄えた歴史を知りました。素敵な床の間の作りや欄間などの建具、裏からこっそり帰れる隠し階段など見どころ満載です。

『三丁町カフェ Bonne-cura(ボンクラ)』でランチタイム、ここはエスニック料理とイタリア製高級なエスプレッソマシーンで淹れるカフェラテが有名です。カパオライスとグリーンカレーを食レポしました!町家でいただく異国の味、美味しいです~。店主の方には若狭路フォトミッションの取材に協力だけでなく温かい応援まで、温かいもてなしとカフェラテに心も体もほかほかになりました!

そのあとは御食国若狭おばま食文化館の2階にある若狭工房にて若狭和紙のはがき漉き体験!紙を均等にするのが難しい、、、カラフルな色や葉っぱなどを使って3枚のはがきを作るのは女子受けしそうです。町歩きと体験メニュー、いろいろ組み合わせてストーリー作成も検討中です!

12/6

小浜ならではの食材とお酒!

小浜駅そば、はま風商店街にある地産地消の『旬彩割烹 吉のぶ』さんを取材しました!小浜街中のホテル宿泊者に小浜ならではの食材とお酒を提案する取材です!たくさんのメニューがあるので、今回は女性陣だけでなく男性陣も撮影や食レポを担当します。

まずは「酔っ払い鯖のお造り」、養殖だけどしっかり脂がのって、後味は青魚特有の青臭さがなくて美味しいです。

「福井サーモンを含めた地魚刺身盛り合わせ」 、撮影の後メンバー試食「あっさり、という表現よりすっきりかな?」「あとから口の奥に広がる旨味とか」議論して食レポ作成しました。
飲み物との相性を見るためにも「地酒三種飲み比べセット」で小浜の各地区のお酒、百伝ふ、田村のめぐみ、若杯者をセレクト。煮魚の代表格のどくろの煮つけとの組み合わせに食レポも真剣です。
やはり日本酒とお魚は相性抜群!ビールとの相性を見るために、小浜のタコのから揚げ、これもOK!〆のへしこチャーハンも組み合わせ、これでペルソナへ小浜の夜グルメ提案ができそうです!

10月の活動報告

10月26日

(株)まちづくり小浜主催の『鯖好き集合!御食国堪能ツアーin小浜』

養殖鯖の餌やり体験やへしこ蔵の見学ができ、さらには、鯖グルメをいただけるという、海と自然とグルメしかも学び付き、これは女子受け間違いなしと小浜市メンバー女子で取材してきました!

晴天の朝10時、釣姫漁港に集合、深い入り江となった漁港は海が美しく波も静かです。
工程の説明を受けて、浜家さんの船に乗ること3分もかからず、鯖養殖生簀へ。

まずは浜家さんの実演、生簀に向かい満面の笑みで「おはよ~、今日も元気か?餌や、大きくなれよ~」の掛け声とともに、スコップで餌を投げ入れると、鯖が集まって海の色が変わる!!トビウオのように跳ねる!鯖の大群の渦巻き、迫力があります!
一人ひとり順番に筏に上がり、餌やりを体験。目の前に鯖の軍団、水しぶき、すごい渦巻き!テンション上がります。全員が餌やり体験を済ませたら、釣り姫漁港に戻ります。

隣の集落、田烏まで車で移動、へしこ小屋に佐助さんが待っていてくださいました。
「鯖、元気やったろ?美味しいんやで~」とニコニコ。
へしこ蔵の中を見せてくださり、塩漬けの樽と、糠漬けの樽、両方を開けてくださり、鯖の身の色変化を確認させてもらえます。へしこの作り方だけでなく、なれずしの話や、各家庭で塩分濃度や味付けが違うこと、鮮度を保つ工夫など、たくさんの学びポイントがあります。

へしこ蔵の説明が終わり、11時半過ぎに養殖鯖のお刺身付きランチ会場SABARまで歩いて移動、漁師町の集落を楽しみながら5分ほど。
田烏海岸目の前にあるSABARはおしゃれなレストランといった風貌、湘南のサーファーショップを連想させます。
店内を撮影していたら、「お待たせしました~、今日の鯖は大きかったので、刺身10切れです~」とお膳がドーン。鯖の刺身のほか、竜田揚げ、ヌタ、中華和え、棒寿司1貫と鯖づくしです~~~。それ以外にも冷ややっこ、味噌汁、そして田烏の棚田米のごはん!!浜家さんや佐助さんがおっしゃるように、鯖の刺身美味しい!ショウガとわさび、両方で食べましたが、どちらも捨てがたい。たくさんのおかずに食べられるかな、、、と思っていましたが、ペロリでした!

11月まで開催されるこのツアー、たくさんの方に体験していただきたいです!

10月10日

撮影のポイントを指導していただきました!

スマートフォンを使い、料理の撮影を行いました。 講師により、物の配置(立体感の出し方)や光の当てかた(窓や照明、レフ板の配置など)の指導を受けました。
撮影のポイントは、①一番見せたいものを目立たせて撮影する、②お皿にある隙間を目立たせないようにする(写さないようにする)、③俯瞰と斜め上など状況によってとる角度を変える、など少し意識をするだけで写真の出来栄えが大きく変わりました!

その後、店舗の方にお店や料理のコンセプトなどをインタビューし、投稿文のヒントになる情報を集めました。 店舗内装の写真の撮影許可をいただき、撮影の練習をさせていただきました。

10月13日

若狭おばま貸切観光タクシーと小浜駅前のフランス料理プティ・プラージュランチ取材!

13日久しぶりの秋晴れの朝10時、JR小浜駅若狭おばま観光案内所の前から、いざ出陣です。
若狭おばま貸切観光タクシー2時間コースを先導くださるのは、三福タクシーの谷口さん、とってもやさしいドライバーさんです、よろしくお願いいたします!
今回の取材は小浜チームの女子のみ、しかも赤ちゃん連れ。前もってご相談し、バギーも後部座席に載せられる形のタクシーを用意してもらいました。

まずは、若狭一の別嬪さん、十一面観音の羽賀寺へ。 本堂への長い石段を上がった右手に鐘楼があります。ここは鐘つき自由(^^) 取材が成功することを祈願して、二つたたきました! ママ抱っこをねだる子供をだましだまし、境内の撮影。鐘のふちにある唐草模様が素敵、でパチリ。

それから、若狭の荘園 太良庄の隠れ寺へ。 まずは参道の苔が美しい長英寺、そして行基の仁王門がある小野寺。 荘園であった太良庄は隠れ里の雰囲気満載、寺女のハートを掴むこと間違いなしです!

そのまま、若狭一大きな薬師如来の国分寺へ。 拝観申込したところ、ご住職が高熱でご案内できないとのこと。次回の取材をお願いして、神社へ向かう途中、丹後街道の旧道通称かぼちゃ街道で野仏の集団発見!!こちらも寺女ときめきの撮影。ドライバーの谷口さん、わざわざ旧道を走ってくださるVIP対応に感謝!

若狭の総社である小浴神社、若狭のパワースポット若狭彦神社、多田ヶ岳ふもとの多田神社と神社を駆け巡り、JR小浜駅に帰還、ちょうど2時間です。
今回国宝めぐりの8ケ寺のうち2寺(羽賀寺、国分寺)を回ったので、特別割引9000円です! 2時間でお寺4か所、神社3か所効率良く回れました。このプランなら4人で回ると2250円、3人だと3000円、お得ではないでしょうか??

小浜駅に戻ったのが12時、さっそく駅に隣接するフランス料理プティ・プラージュのランチを取材。
お肉か、お魚のコースを選びます。本日のお肉は鴨のロースト、お魚は鯛のポワレとのこと。2人なので、それぞれを注文、デザートは一種類なので、一つ注文しました。

まずは前菜、そば粉のガレット。マッシュソースの上に目玉焼きが載って、たくさんの野菜サラダに生ハム、イチジクと豪華、インスタ映えしてしかも美味しい。

メインの鴨も鯛も、素材の味を生かしたあっさり系、美味しく、お箸でいただけます。パンも手作り。あつあつでした。

デザートは、タルト、プリン、ムース、アイスなどの盛り合わせ、これには女子のテンション上がります~~~。アイスが解けないうちに、せっせと撮影しました。

今回の取材は、寺女である馬場が企画しました。 関東から休暇を使って寺巡りをしていたときは、時間との闘い、いかに有意義に寺を巡るか、だったのです。 このコースですと、駅から降りてすぐ観光タクシーで寺巡りを楽しみ、さらに駅前のランチを堪能して、帰路の電車に乗れる!という寺女必見の観光コース、全国の寺女のご来訪お待ちしております!